TOP  >   イベント  >   開催中~9月1日(日)『宮永愛子:漕法(そうほう)』宮永愛子:漕法(そうほう)

開催中~9月1日(日)『宮永愛子:漕法(そうほう)』

宮永愛子:漕法(そうほう)

  • 開催中~9月1日(日) 9:30~19:00(入室は18:30まで) ※但し日曜は9:30~17:00(入室は16:30まで) 月曜休館、8月12日(月・振休)は開館
  • 高松市美術館
高松中心部

日本の現代美術の次代を担う宮永愛子の個展
瀬戸内の景色や時間をテーマにした

新作インスタレーションに注目!

 

常温で昇華するナフタリンなどを素材に「変わりながらも存在し続ける世界」を表現する現代アーティスト・宮永愛子による、四国初の大規模個展。「瀬戸内国際芸術祭2019」の出品作家として女木島でも作品を制作しており、本展では、瀬戸内の景色や時間をテーマに讃岐名石「サヌカイト」を素材とする新作インスタレーションをはじめ、代表的なシリーズ《手紙》や《life》などを展示。樹脂の透明感や作品が光に反射する様子は美しく涼やかな印象で、夏会期にふさわしい作品。海の結ぶ景色や時間の痕跡を想起させる、彼女独自の世界を楽しんで。

INFORMATION

会場住所
香川県高松市紺屋町10-4
MAP
主催
高松市美術館
TEL
087-823-1711
料金
一般1,000円(800円)、大学生500円(400円) 高校生以下および各種障がい者手帳をお持ちの方は無料 ※( )内は瀬戸内国際芸術祭2019作品鑑賞パスポート提示