TOP  >   トピック  >   JA香川県×NICE TOWN 旬をお届け FARM TO KITCHEN Vol.3JA香川県×NICE TOWN 旬をお届け FARM TO KITCHEN Vol.3

ライフ

JA香川県×NICE TOWN 旬をお届け FARM TO KITCHEN Vol.3

タマネギ

冬の日照時間が長く、 雨の少ない気候風土で栽培される香川県のタマネギは肉厚で甘く、柔らかいのが特徴。収穫は4月からはじまり、早生品種から晩生品種まで、栽培されている。

 

ワンポイント

タマネギは湿気に弱いので、ネットに入れて吊るしたり、新聞紙で包んで風通しの良い冷暗所などで保存するのがおすすめ。梅雨の時期は特に気をつけよう!

 

肉厚・ジューシー・甘味 三拍子そろった香川のタマネギ

タマネギの収穫は4月からはじまり、なかでも4月~6月頃に収穫される早生品種は白くて甘く、生食に適している。6月以降に収穫されるタマネギは中生と晩生品種。今回、ほ場を案内してくれたのは、観音寺地区で35年以上にわたり、タマネギを栽培している荻田さん。荻田さんは10アールのほ場で栽培し、毎年平均5トンのタマネギを収穫する。「毎年同じように植付けをしても、天候によって育ち方が変わる。雨が降り過ぎても、降らなすぎても困る。降る時期が大切。天気はどうにもできんから、長年の経験から病気の予防や肥料のタイミングを見計らってやっています」と教えてくれた。さらに、「早生品種はスライスして水にさらした後、しょうゆをかけて生で食べたり、中生・晩生品種はカレーや肉じゃがに入れたりとタマネギは何にでも合う」と荻田さん。香川県産の美味しいタマネギを使って色々なレシピを試してみて!

 

 

タマネギとニンニクのパスタ

今月は香川県産「タマネギ」を使ったレシピをご紹介!「タマネギとニンニクのパスタ」は、食材を切って炒めてパスタと和えるだけのとっても簡単なレシピ。お子様にも食べやすいよう「ツナ缶」を使っているのがポイント! 休日のお昼ごはんにぜひどうぞ。

 

材料(2人分)

パスタ:200g

タマネギ:1

ニンニク:2

青ネギ:4本(約12g

ツナ缶:1

油:大さじ2

 

水:2

塩:20g

 

パスタの茹で汁:大さじ34

薄口しょうゆ:大さじ1

塩・コショウ:少々

 

作り方 

1)タマネギはくし型切り、ニンニクは薄切り、青ネギは3cm長さに切る。

 

2)フライパンに油・ニンニクを入れ、弱火で香りがするまで炒める。

 

3)タマネギを加え中火で炒め、タマネギの色が変わってきたら汁を切ったツナを入れて混ぜ、火を止める。

 

42ℓのお湯に塩を入れてパスタを表記時間どおりに茹でる。

 

5)パスタが茹で終わる1分前に再び(3)のフライパンを火にかけ、パスタの茹で汁を入れて乳化させる。

 

6)茹で上がったパスタと青ネギをフライパンに入れてよく混ぜ、最後に薄口しょうゆ、塩・コショウで味をととのえたらできあがり!

 

 

 

“身体に優しいおうちご飯”がコンセプトの料理教室『結びとまんぷくご飯』主宰。Instagramでレシピ紹介や月額制Liveレッスンの案内をしている。

Instagram:@musubimanpuku2525

 

 

 

JA香川県

〒760-0023 香川県高松市寿町一丁目3番6号

TEL:087-825-1233

 

紹介したレシピの他にも旬の食材を使ったレシピをJA香川県のInstagramに投稿しています。